オルガン修理

オルガンには

  • パイプオルガン
  • 電子オルガン
  • リードオルガン

の三種類があります。

オルガンの修理依頼先は原則として購入したところにお願いすることが一番良いでしょう。それは販売したところはそのオルガンの構造や特徴を熟知しているはずですし、関わったオルガンのアフターサービスは得意としているはずだからです。

当社では原則として当社で販売したオルガンについてアフターサービスを行っています。他社で対応できない場合にはご相談ください。
日本オルガン株式会社は2007年4月1日からドイツ・アールボン社、2008年2月1日からオランダ・コンテント社の日本総代理店となりました。

クロダオルガン株式会社(現在廃業)にてご購入のクロダトーン,アールボーン,コンテント,エミネントの修理も致します。但し、クロダオルガン株式会社が約束された無料修理保証(3年~10年)について日本オルガンは引き継ぐべきだとする教会もいくつか有りましたが、それはクロダオルガンの営業政策であって、弊社の責任とすることはご容赦ください。弊社では季節による温度、湿度変化からくる不具合表出を見るために保証期間を1年と定めています。

アールボン社・コンテント社の日本総代理店として部品供給、修理技術等万全の体制でメンテナンスを行っております。
修理依頼の場合はできるだけ実際の使用者が詳しい故障状態をお知らせ下さい。弊社では修理依頼があった場合、その故障内容を詳しく質問しますのでその質問に答えられる方がお電話ください。

オルガンの種類、メーカー名、機種名、製造番号、購入年、も併せてお知らせ下さい。

リードオルガンの場合は既にほとんど生産されなくなりましたし、修理技術者も大変少なくなっています。リードオルガンの修理は弊社でいたしますのでご相談ください。その際、メーカー名とおおよその年代、ストップの有無、ストップが有ればストップ数、不具合の状況等をお知らせください。

営業内容

リードオルガンの修理

リードオルガンには色々な故障あります。

ある音が鳴らない

リード(笛)に小さなゴミが挟まっています。→簡単な専用道具でどなたでもゴミを取れます。
ゴミの取り方はお問い合わせ下さい。作業方法説明を画像付で送ります。

音が濁っている

調律が必要です。→オルガン調律師が調律します。
調律費用はストップ数によって異なります(2~4万円)。
調律をすると音量が増します。

鍵盤があがりにくい、鍵盤が落ちたまま、鍵盤を水平に見ると横一線に揃っていない。

整備が必要です。(5万円程度)

足ペダルをいくら踏んでも空気持ちが良くなく、しっかりした音が続かない。

内部のフイゴに穴が空いていたり、響板が割れている。・・・・・・20万円程度かかります。
故障は通常複合的に起きている場合がほとんどです。したがって修理費用は嵩む場合が多いです。
修理は出張の場合は軽微な修理となります。大修理の場合は数ヶ月お預かりする場合があります。
問い合わせは中川まで。

リードオルガン専用椅子

■天板が斜めになっている
楢無垢材:37,500円(消費税、送料別)
※楢材一枚あるいは2枚接ぎの場合は時価となります。

製作しております。納期一ヶ月です。

リードオルガンには腰掛け部が傾斜した椅子のご利用をお勧めします。
踏み込みが楽です。天板が平坦なものは演奏時に腿(もも)や腰に大きな負担がかかり、腰部に傷害をおこす虞れがあります。

リードオルガン水平椅子を斜め椅子に!

天板(座面)が水平な椅子を傾斜椅子に簡単に変えられます。

上記の専用椅子(37,500円)のご予算のない方に1万円で現在の椅子の上に載せて接着する傾斜台(右画像参照)がございますのでご利用ください。

オルガンの取扱方法と説明書

古いオルガンの取扱説明書が無い、使い方が解らないという方はお気軽にご相談ください。
出張説明、取扱説明書の作成をお承り致します。

取扱説明出張費用・・・・・・現場で1時間 15,000円+出張交通費
※遠隔地の場合、費用は別途ご相談させていただきます。

取扱説明書の製作費用・・・・・・10,000円
オルガンの外観詳細についてお訊ね致します。

オルガンのアフターサービス

オルガンを購入するに当たってその検討要点をいろいろと考えると思います。
価格、音質と機能、見栄え、耐久性、アフターサービス等でしょうか。その中で特に重要でありながら案外おざなりにしているのがアフターサービス体制の確認のように思います。

オルガンを販売する者が顧客管理をきちんとしているかによって信頼度が判断できます。
購入した会社に電話してみて自分がすぐに確認されるかどうかでその会社の管理体制がわかります。

オルガンを購入する際、オルガニストやオルガンに詳しい人の紹介で購入される場合が多いのですが、その方にいつまでもアフターサービスまでの負担をかけるのは考え物です。

不要となったオルガン・ピアノは引き取らせて頂きます。
下記へご連絡ください。

処分の場合は運送費、処分代を申し受けます。
E-mail info@japan-organ.co.jp

このページの先頭へ戻る